相続税について税理士に相談する方法

相続税の法改正や相談ポイント

相続税には相続税法があり、平成27年に課税対象者が広がった為、今まで相続税を払わなくても大丈夫だった人まで相続税を気にしなければならなくなりました。
不動産などの大きな財産をもっている人、それに中小企業の経営者の人等、相続税がかかるのであれば家族の負担を軽くしたいと思っている人は多いでしょう。また、相続税自体の仕組みがよく分からない人も多いはずです。相続税の計算方法は重要なポイントに絞って、特に不動産や株式といった高額で分割が難しい財産の相続税の負担を軽くできる制度や、手段があります。相続税対策は、特に、相続人の間に分配する事が難しい高額な財産を、どうやって相続させるかが重要です。その為に、色々な事態を事前に想定しておく事が重要です。税理士に相談して解決していきましょう。

相続税の相談をするには

相続税に関して相談するのは幾つかあります。
「税務署の相談窓口」「税理士に相談」など主に可能です。税務署の相談窓口は、相談料無料で電話でも面談等もできます。電話での相談は最寄りの税務署にしましょう。面談を希望する場合は、予約が必要となるでしょう。税理士に相談する場合は、予約をとり事務所に相談にいきましょう。また、直接出向くのが難しい人は、出張しての相談も応じてくれる人もいるので、電話で聞いてみましょう。また、税理士はお金がかかりますが節税について細かく提案してくれます。税理士もサービス業なので、土日対応や、夜間対応してくれるところも多いです。税務署も税理士もそれぞれ良い部分と悪い部分がありますので一度電話相談してみて自分で判断するのがいいでしょう。